社会福祉法人 ユーカリ福祉会

昭和42年
(1967)
・ 倉田裕子理事が東京都東久留米市において、長年、無認可保育園に勤務の後、自宅の一室を開放して0歳児より保育事業を開始する。
昭和48年
(1973)
・千葉県松戸市栗ヶ沢に転居後、松戸市児童福祉員(ママさん保育制度)の適用を受け住宅を改装して、地域の児童福祉員と共に「ささづか子どもの家」を設立。・当時より延長保育や障害児保育を積極的に行い、常時30名近い乳幼児の保育に携わる。
昭和50年
(1975)
・入所希望者が増えるにつれて、保護者、地域の支援者の方々から「認可保育所」建設の気運が高まり、市に要望書が提出される。現在の小山地区が建設予定地となる。
昭和55年
(1980)
・厚生省の認可を受け、社会福祉法人ユーカリ福祉会設立、倉田洋三理事長就任。同年四月松戸市小山に「松戸南保育園」(当初定員60名)を創立。倉田弘子園長就任 。創設から延長保育、産休明け保育、障害児保育を開始する。児童憲章を基本理念としつつ、地域社会に根ざした保育の実現を目指し、努力を重ねる。
平成6年
(1994)
・同年12月、創立15周年を記念して「こどもフェスティバルinまつど」を松戸市民劇場にて開催。午前中に行われた記念式典には、松戸市長、教育長、民生局長、厚生部長、保育課長、衆参院議員、県議、市議等多くの方々の列席を戴き盛大に行われた。
平成8年
(1996)
・松戸南保育園「一時保育事業」を市の認可で先駆けて開始。
平成9年
(1997)
・松戸南保育園、国制度の一時保育を開始する。
・東村山市立第八保育園(定員100名)を受託。須藤れい園長就任。公設民営保育園の運営を開始する。産休明け保育、延長保育、障害児保育、育児相談、地域活動事業を始める。
平成12年
(2000)
・東村山市立第八保育園 倉田新園長(現法人事務長)就任。食農保育を提唱、開始。
平成13年
(2001)
・松戸南保育園分園完成(竣工式9月29日)これにより定員が89名となり、待機児童解消の一翼を担うこととなる。
平成14年
(2002)
・髙橋剛弘理事長就任。松戸南保育園、地域の親子を対象に、絵本の読み聞かせや育児相談を中心とした「親子ふれあい会」を始める。
・東村山市立第八保育園 野村明洋園長就任。一時保育開始。
・三鷹市立三鷹駅前保育園運営管理受託。米原立将園長就任。 0歳から2歳、30名の乳児保育。0歳から就学までの15名の一時保育。小学校1年生から6年生までのトワイライトステイ15名、親子広場、子ども家庭支援センターを開設。
・倉田新法人事務長就任。
平成16年
(2004)
・中野みなみ保育園開設(民説民営 定員95名) 大槻千秋園長就任。
平成17年
(2005)
・市川市立市川保育園(公設民営 定員120名)指定管理者に選任され、運営管理にあたる。川瀬由枝園長就任。
・三鷹市立三鷹駅前保育園 両角則子園長就任。
平成18年
(2006)
・東村山市立第八保育園 市の制度改革で公設民営から指定管理者制度に移行。引き続き運営にあたる。
平成19年
(2007)
・三鷹市立三鷹駅前保育園運営管理受託契約終了、創設の役割を果たす。
・11月3日 倉田裕子園長 堂本千葉県知事より表彰状をいただく。
平成20年
(2008)
・東村山市立第八保育園指定管理者制度問題が起きる。多くの保護者の支援で継続することになる。
・10月23日 倉田裕子園長 枡添厚生労働大臣より厚生労働大臣賞を戴く。
平成21年
(2009)
・松戸市小金保育所(公設民営 定員60名)受託。坂本剛園長就任。
平成22年
(2010)
・東久留米市上の原さくら保育園(公設民営88名)開設。持田亘代園長就任。法人保育事業発祥の地で開園する。
・4月時点での法人園総児童数564名 職員数252名
・11月1日 法人本部 東京都中野区南台に移転。
・11月28日 松戸市森のホールにて三十周年記念式典開催。
平成24年
(2012)
・鎌倉市に寺分保育園(民説民営 110名)開設。大倉圭子園長就任。
・東村山市立第八保育園が法人に民間移管され、八国山保育園となる。
・八国山保育園分園(定員20名)開設。
・倉田裕子園長 春の叙勲として瑞宝単光章を戴く。
・市川市立市川保育園 齋藤武園長就任。
平成26年
(2014)
・八国山保育園 大槻千秋園長就任。
・上の原さくら保育園 野村明洋園長就任。
・中野みなみ保育園 釜義満園長就任。
平成27年
(2015)
・市川保育園が民間移管しスタート。
・八国山保育園 金澤啓子園長就任。
・市川市立市川南保育園(定員130名)指定管理者に選任され、運営管理にあたる。髙橋いずみ園長就任。
平成28年
(2016)
・藤沢市にたかすな保育園(定員113名)開設。瀬戸富美江園長就任。
平成30年
(2018)
・たかすな保育園に泉原みどり園長就任。
平成31年
(2019)
・川崎市立ごうじ保育園が民営化され神地保育園として運営開始。